コラム

hair_biyoushi

私たちが日常的にお世話になる理美容室。いろいろな雰囲気のお店があり、個性的なファッションを売りにするお店もあるかと思えば、町中で昔ながら営んでいるお店もあります。激安カットの店舗も登場するなど、競争が激化しています。

理美容師には、その状況の中でどのように自分のセンスを磨き、活躍していけるかが重要となってきます。

 


 

美容師と理容師の違い

 

美容師と理容師は根本的に違います。同じ髪を扱う職業ですが国家資格もそれぞれ違います。よく知られている違いとしては、理容師はカミソリを使って「顔そり」ができ、美容師はできないという点です。

それだけでなく一般的にはパーマネントなどで美しさを基準にセットしていくのが美容師です。そして頭髪を整える事を目的としているのが理容師になります。


 

資格をとるには

 

理容師、美容師共に国家資格となります。理美容専門学校を卒業または

卒業見込みで受験資格を得ます。その後、筆記試験と実技試験があります。合格するとそれぞれ厚生労働省の美容師、理容師免許を得る事ができます。

 


 

専門学校では

 

理美容系の専門学校は他の職種の専門学校と少し違います。昼の部に加え、夜間部、通信部とあります。昼と夜の部は2年ですが、通信制は3年となります。

個性的な人が目立つ理美容の専門学校では、感性を磨くに他の生徒達との交流も大事です。卒業後、社会に出て活躍するためにも、様々な人と付き合うことは、お客様とのコミュニケーションを取る練習としても役立ってきます。

 

専門学校では実技が中心です。パーマネントやカットの基礎から大切に学べます。プロの理美容師が直接指導するのでスキルアップできます。プロから学ぶことで、実際の現場で働く人の仕事ぶりに感銘を受ける事は間違いないでしょう。

 

学科対策も1年次より徹底的に教えてくれます。1年次は基礎を徹底的に教えて2年次には本格的な試験対策へと入り、国家試験に合格出来るようにフォローしてくれます。

通信制は昼間、理・美容室で働きながら、夏などに行われるスクーリングで技術講習を受ける等でフォローしてくれます。ただ、届けられる教材で単位を取る事が必須となります。

 

学校によっては海外の提携先にて研修をする事も可能です。日本のみならず海外で刺激を受けられる良い機会です。

 

理美容師は仕事もハードと言われていますが、学校生活もかなりハードです。覚える事が多く不安になるかもしれませんが、夢を持って進むには専門学校で同じ夢を持つ仲間と高め合う事が大切です。

専門学校では、まず資格の取得を目指して勉強するのですが、卒業後どのように活躍したいかなど、ご自身の将来を考えながら専門学校を選びたいですね。

カテゴリー: 資格